異端の新興宗教「新天地イエス教」の正体

「新天地」は、1984年に李萬煕(イ・マンヒ)氏によって始まった新興宗教です。
本部はソウル近郊のベッドタウンである京畿道果川(カチョン)にあります。
聖書に登場するイスラエルの12支派を真似て韓国全域に12の本部教会を設立し、韓国(72カ所)を含めて全世界に108カ所の教会と、509カ所の宣教センターを備える大規模な宗教集団です。
新天地の発表によれば、信徒数は25万3000人いるとされています。

韓国のキリスト教団によれば、「新天地」では李総会長を「永生不死の再臨イエス」と崇拝し、「総会長に従えば死後、天国に入ることができる」と教えています。
李萬煕は1931年に慶尚北道の清道郡で生まれ、1957年から、自らが神であることを主張した朴泰善(バク・テソン)が設立した「天父教(信仰村)」に入信し、その後、柳在烈(ユ・ジェヨル)を頂点とした新興宗教「幕屋聖殿」に参加してから、1980年に同僚ホン・ゾンピョと一緒に「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」を創立しました。
当時、李萬煕とホン・ゾンピョは、ヨハネの黙示録の11章に出る「二人の証人」が自分たちであると主張して人々を惑わしました。
その後、ホン・ゾンピョと別れた李萬煕は、本人を「キリストの再臨主」であると自称しながら布教活動を続けました。
世界終末の時には、14万4000人だけが天国に行けるとされ、信徒たちは14万4000人の1人となれるように積極的に活動することが求められます。
新天地はキリスト教を標榜していますが、他の韓国のキリスト教団からは「異端」と規定されています。

これまで問題になってきたのが、新天地の攻撃的な宣教方法です。
新天地の信徒たちは身分を隠して他のキリスト教の一般教会に潜入し、その教会の信者の抱き込みを狙って活動します。
たとえば、牧師の不正を生み出して教会から牧師を追い出し、新天地の牧師を新たに招聘して教会を丸ごと飲み込む――などの手法です。

新天地は、信徒を徹底的に管理することでも知られます。
礼拝を行う際には、指紋認証やQRコード認証を使って、出席をチェックします。
病気になっても礼拝を欠かしてはならず、地方に出張したり旅行に出かけたりしていても、出先の新天地教会で礼拝を行うことを義務付けています。
韓国社会で「異端」とされる新天地の信者は、家族や親しい友人にも新天地の信徒であることを徹底的に隠しています。

仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年2月26日

米保健当局は新型コロナウイルスの国内での流行を警告しました。
世界首位の経済力を誇る米国で実際に流行した場合、市場へのインパクトは甚大なものになりそうです。
それを意識してか、この日も米国株は大幅安となりました。

必ず起きる

米疾病対策センター(CDC)は国民に対し、国内での新型ウイルス流行に備えるよう注意喚起した。

陣頭指揮者も感染

イランで新型ウイルス感染による死者数が15人になり、中国以外で最多となった。

パンデミックは近い

世界保健機関(WHO)は新型ウイルスがまだパンデミック(世界的大流行)にはなっていないとしているが、このような惨事のリスクを証券化した大災害(カタストロフィー)債券(CAT債)は、すでにパンデミックの段階に入っている可能性があることを示唆している。

6カ月ぶり高水準

米民間調査機関のコンファレンスボードが発表した2月の米消費者信頼感指数は小幅に上昇し、6カ月ぶり高水準となった。

金利低下の影響

JPモルガン・チェースは、2020年通期の純金利収入が前年比で小幅減少し570億ドル(約6兆2750億円)になるとの予想を示した。

きょうの為替は? 2020年2月26日

ダウ平均が一時920ドル超下落したことなどを受けてリスク回避目的の円買い・ドル売りが進み、一時109.89円と日通し安値を付けました。

ドル円    110.11-14 111.03/109.87
ユーロドル  1.0879-83
米10年国債 1.327%  -0.050

本日のドル円 109.60-110.50 三菱UFJ 内田氏
 ドル円上昇のハードル、ドル高と日インフレ期待低下が円高

仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年2月25日

先週は日本経済が新型コロナウイルスの悪影響を受けるとの見方から、それまで安全通貨とみられていた円が売られる展開となりましたが、この日はドルが下落。
米国も「対岸の火事」では済まされないようで、ダウ工業株30種平均は一時1000ドル余り下げ、先週には最も安全とされたドルの足元も揺らいできました。

イタリアや中東でも

ウイルス感染拡大はイタリアで5人が死亡するなど世界的に流行するとの懸念が広がっている。韓国とイランでも感染者数が増えたほか、アフガニスタンやバーレーン、クウェート、イラクでも初の感染が報告された。

綱渡り

中国政府は工場の操業再開に向けた基準を緩め、2020年の成長および経済発展目標を引き続き達成できるよう、企業に生産再開を促している。

有望な治療薬

バイオ医薬品メーカー、米ギリアド・サイエンシズの株価が急伸。

人間らしくも

ウォーレン・バフェット氏はCNBCのインタビューで、低金利環境に乗じてリスクを一段と取ろうとする生命保険会社などを批判した。

混迷からの脱却

メルケル独首相のキリスト教民主同盟(CDU)は、辞意を表明したクランプカレンバウアー党首の後任選びを加速させると明らかにした。

きょうの為替は? 2020年2月25日

米大手金融機関が、新型コロナウイルスの影響で1-3月期の米国内総生産(GDP)が1%強にとどまると、見通しを下方修正。
ダウ平均が1000ドル超の下落となるなど米株への売りが強まりました。
米10年債利回りはリスク回避で2016年7月8日以来の水準1.3505%まで再び低下幅を広げ、ドル円は一時110.33円まで円高・ドル安となりました。

ドル円    110.71-74 111.68/110.32
ユーロドル  1.0853-57
米10年国債 1.370%  -0.100

本日のドル円 110.00*111.00 ソニーフィナンシャルホールディングス 尾河氏
 ドル上昇は日本売り?ドル高が背景でレンジ範囲