ゴルフ界に革新をもたらした平成のヒット商品ベスト5

平成はゴルフギアが飛躍的に進歩した時代です。
中でもチタンドライバーが一気に普及してアマチュアの飛距離アップに大きく貢献しました。

先駆けのヒット商品が【キャロウェイゴルフ「グレートビッグバーサ」】
平成7年に新発売され、販売価格は7万5000円でした。
ドライバーは当時、メーカーと契約するプロ使用モデルを前提に開発されていましたが、ビッグバーサは一般ゴルファーをターゲットに開発されたことでもユニークでした。
チタン素材の特徴を最大限に生かし、従来のステンレス製よりヘッド容積が50㏄以上も大きい250㏄となり、スイートエリアが広くなりミスヒットをカバーするようになりました。
ビッグバーサは住友ゴム工業が日本代理店になり約100億円の売り上げがありました。
しかし、キャロウェイが平成12年に日本法人を設立して直接販売に乗りだすと、住友ゴム工業は同年にゼクシオドライバーを新発売。
平成30年発売の10代目に続くヒット商品に育っています。

パターのヘッド形状も平成になって大きく変わりました。
ヒットしたのが平成14年発売の【オデッセイ「2ボールパター」】
2万2000円と高額でしたが、飛ぶように売れました。
世界最強女王といわれたA・ソレンスタムが2ボールパターを使用して勝ちまくったのが大きいです。
クラウン部にボール大の白い円形2つを並べるユニークな設計は「ネオマレット」という新しい分野を確立。
日本では宮里藍が使い一気にブームになり、現在でも当時の流れをくむ新モデルが発売されています。

ゴルフボールで脚光を浴びたのは平成5年登場の【ブリヂストンスポーツ「レイグランデWF」】(1個800円)です。
糸巻きボールが市場から消えていき、2ピース時代の幕開けを告げるブランドでした。
2ピースは「飛ぶけど、スピン性能は糸巻きにはかなわない」とみられていました。
そこで糸巻きに近いスピン性能を持たせ、プロが試合でも使えるボールの開発が進められました。
ちなみに「WF」は「Wound Feeling」の略で、糸巻き並みのフィーリングを持つ2ピースボールというわけです。
BSと契約するジャンボ尾崎が勝ちまくり、爆発的なヒットになりました。

アイアンの概念も変わりました。
3番、4番というロングアイアンが消えていった時代です。
その代わりに登場したのがユーティリティーです。
ウッドとアイアンのヘッド形状を掛け合わせ平成11年に新発売された【テーラーメイド「レスキュー」】(2万2000円)が最初でした。
レスキューには「お助け」という意味があり、距離を稼ぎたいロングアイアンがうまく打てないアマチュアのお助けクラブとしてあっという間に浸透していきました。

そして、平成はカーボンシャフトの性能が一気に高まりました。
世界中から熱い視線を集めたのは平成16年にが発売した【三菱ケミカル「ディアマナ」】(4万2000円)です。
メーカー既製品ではなく、シャフトを選ぶカスタムシャフト時代の到来とともに売れました。
現在、OEMを含むシャフト生産量は三菱ケミカルが世界ナンバーワン。
タイガー・ウッズが平成16年にドライバーのシャフトに「ディアマナ」を装着して、米PGAツアープロに広まっていきました。

クラブ、ボール、シャフトの技術革新は続いており、令和の時代になって、どんなヒット商品が出てくるのか、楽しみです。


0 Comments

Post a comment