仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年8月30日

米中の貿易戦争を背景に、あちこちで「不確実性」という言葉が聞かれるようになりました。
日々の見通しがきかない環境で、低金利を好機に100年債発行のアイデアが米国で浮上しています。
100年という時間は、ガルシア・マルケスの小説では7世代の物語が描かれる長さ。
100年前というのは、米国で禁酒法が制定された年。今から100年先の米国をどの程度信頼するかが問われています。

市場は歓迎

トランプ米大統領は米中が29日に貿易について話し合う予定だとラジオインタビューで述べたが、詳細は示さなかった。

年末商戦

アップルは新型「iPhone(アイフォーン)」を披露するイベントを9月10日に開催する。

ドラギ路線の行方

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は、量的緩和(QE)再開を正当化できるほど経済は弱くないと言明。

目標遠のく

第2四半期の米GDP改定値は前期比年率2%増。速報値の2.1%増から下方修正され、トランプ大統領が目標とする3%成長の達成が一段と厳しくなった。

第一幕

英与党・保守党のスコットランド支部であるスコットランド保守党のデービッドソン党首が辞任した。

0 Comments

Post a comment