韓国内で新型コロナウイルスの感染が急拡大

1月20日に初の感染者が確認されて以降、しばらく小康状態を保っていた韓国内の新型コロナ・感染者数ですが、ちょうど1カ月目に入った2月19日から突然急増し始めました。
19日は1日で22人の感染者が確認され、20日に53人、21日は100人の感染者が発生するなど、拡散スピードはどんどん増しています。

韓国内の感染が急速に拡大し始めたのは19日、韓国の南東部にある大邱地域で国内31番目の感染者Aさんが確認されて以降です。
Aさんは、入院中の病院をこっそり抜け出し、大邱市内で食事会や宗教団体の集会に出席するなど、数カ所を歩き回っていたのです。
大邱市がAさんが出席した宗教団体の集会の参加者たちを対象に検査を実施したところ、19日当日だけでおよそ14人の感染者が確認されるなど、Aさんが訪れた場所を中心に大邱市内のいたるところで新型コロナの感染者が続出する事態となりました。
結局、現在、計204人の感染者のうち153人が大邱とその隣接地域の慶尚北道で確認されるなど、大邱は韓国内で最も危険な地域になってしまいました。
しかも、慶尚南道と忠清北道、忠清南道、済州道、釜山市などの地でも、21日初めてCOVID-19感染が確認されました。
まだ感染者が出ていない江原、蔚山(ウルサン)など残りの地域でも感染者発生が切迫した可能性が高いと思われます。

2月13日には、文大統領は「新型コロナは遠からず終息する」と断言し、韓国国民に向かって正常な日常に戻らなければならないと呼びかけていました。
韓国メディアも、日本や米国などの海外マスコミが韓国の新型コロナ対応態勢を絶賛しているとし、文在寅政権を大いに称えていました。
しかし、この文在寅政権と韓国メディアの楽観論がむしろ仇となって表れました。
19日から、韓国では新型コロナが取り返しのつかない拡大局面に転じ、今や国別の感染者数は日本を追い抜き、中国の次に多い国家になってしまました。

0 Comments

Post a comment