仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年2月27日

S&P500種株価指数は5日ぶりに上昇して始まりましたが、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)に陥る可能性や米国内での感染拡大が意識され、下げに転じました。
市場参加者が自信を持って押し目買いを入れるにはまだ時間がかかりそうです。

NY近郊で検査

ニューヨーク市近郊のナッソー郡で、中国本土を訪問したか、新型ウイルスに接触した可能性のある83人を保健当局が監視していると、米ラジオ局が報じた。

中南米でも

ブラジル当局は新型ウイルス感染を確認した。

瀬戸際

米食品医薬品局(FDA)のピーター・マークス氏は「どう見てもパンデミックの瀬戸際にあると言っていいだろう」と発言。

好機にあらず

エコノミストのデニス・ガートマン氏は企業収益や経済規模などに照らしてみると、株式は「極端に」過大評価されていると指摘。

戦略的選択肢

フィンランドの通信機器メーカー、ノキアが戦略的選択肢を検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

0 Comments

Post a comment