今週の為替 2020年2月29日

ドル円は、111.68円から108円後半まで下落しました。
米国で新型コロナウイルスの感染拡大懸念が高まり、NY株式市場が下落、米10年債利回りが「質への逃避」で過去最低の1.23%台まで低下したことで、リスク回避の円買いとなりました。
しかし、日経平均株価も続落し、日本のリセッション警戒から円離れ懸念が払拭されないことで下値は限定的でした。
ユーロドルは、独2月Ifo景況感指数が予想を上回り、ドイツが新型コロナウイルスによる景気減速を回避するため財政出動を示唆したことで、1.0805ドルから1.10ドル台まで上昇しました。

0 Comments

Post a comment