きょうの為替は? 2020年4月30日

米1-3月期GDP速報値がマイナス成長に落ち込み景気後退入りが示唆されたものの想定内であったほか、新型ウイルスの治療薬の治験成功の報道で景気回復期待が強まりドル買い・円売りが優勢となりました。
その後、米連邦準備制度理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置き当面ゼロ金利を維持する方針を示したほか、中期的リスクに言及したためドル売りが再燃し上値を抑制しました。

ドル円    106.61-62 106.89/106.34
ユーロドル  1.0878-81
米10年国債 0.628%  +0.018

本日のドル円 106.00-107.00 三菱UFJ信託 小林氏
 米ドルも自宅待機? 米ドルはMMFに流入のまま、ロックダウン解除後も5月中旬まで維持

0 Comments

Post a comment