混迷深めるポスト文在寅

『韓国ギャラップ』は7月第2週の世論調査で、次期大統領に期待する人物の調査を行いました。
その結果は、第1位が李洛淵(イ・ナギョン)議員(前首相)で24%、第2位は李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事で13%、第3位が尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長で7%、第4位が安哲秀(アン・チョルス)「国民の党」代表で3%、洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員、金富謙(キム・ブギョム)前議員、自殺直前の朴元淳ソウル市長がそれぞれ1%で続きました。
世論調査会社『リアルメーター』が7月第3週に実施した調査では、李洛淵議員23.3%、李在明知事18.7%、尹錫悦検察総長14.3%となりました。

李洛淵前首相は前回の28%から4ポイント下げましたが、2位に11ポイント差を付け、世論調査では1年以上トップの座を維持しています。
与党陣営では最も有力な次期大統領候補です。
8月の党大会で与党「共に民主党」の代表に立候補しており、金富謙前議員、朴柱民(パク・ジュミン)議員の3人で代表の座を争うことになりそうです。
李洛淵前首相が勝利する可能性が高いですが、党規約で大統領選挙へ出馬する場合は1年前に代表を辞さなくてはならず、代表に選出されても来年3月までの約7カ月間というワンポイント登板になります。
短期間でも李洛淵前首相が党代表への出馬を決めたのは、党内基盤が弱いだけに、党代表として支持基盤を拡大する狙いとみられます。

第2位につけた李在明知事は“左派のトランプ”といわれるように、いろいろ話題の多い人物です。
京畿道の新型コロナ対策が比較的うまくいったことや、基本所得制度の提唱、災難支援金など大胆な経済政策を打ち出した積極性が、有権者の支持を掴んでいます。
しかし、スキャンダルも多く、2018年の統一地方選で、亡くなった実兄を精神科病院に強制入院させるよう指示したことを討論会などの場で否定し、虚偽の説明をしたとして起訴されました。
この件については7月16日に大法院判決がありました。
有罪になれば京畿道知事を失職するだけでなく、大統領選へも出馬できなくなるので、市民の関心は高く、大法院判決はテレビで生中継されましたが、12人の裁判官中7人が無罪と判断しました。
『リアルメーター』の7月第3週の調査で李洛淵議員との差を4.6ポイントに縮めたのは、無罪判決を受けて支持の勢いが強まったものとみられ、与党の大統領候補選びは李洛淵議員、李在明知事を軸に動く可能性が強くなりました。

第3位に躍り出たのが尹錫悦検察総長です。
『韓国ギャラップ』の調査は、調査会社側がリストをつくってその中から選ぶのではなく、回答者が自分で名前を挙げる方式ですが、前回は1%だった尹検察総長が7%に急上昇しました。
『リアルメーター』調査では14.3%という高い支持率を示しました。
尹検察総長自身は政治への転身を表明していませんが、文在寅政権の秋美愛(チュ・ミエ)法相と鋭く対立しており、支持する政治家がいない保守層が尹検察総長に期待を集めた形です。
保守系の政治家は4月の総選挙の大敗北で、黄教安(ファン・ギョアン)前代表が政界から姿を消し、保守票を集める大物が不在の状態です。
保守勢力には有力な大統領候補が不在で、あまりの人材難のために、政治家でもない尹錫悦検察総長が世論調査で3位に浮上するという現象が起きている状況です。

0 Comments

Post a comment