きょうの為替は? 2020年7月31日

ニューヨークダウは、発表された米第2四半期実質GDP・速報値が-32.9%と予想の-34.8%よりはよかったものの絶対値は悪く、また週次の米新規失業保険申請件数は143.4万件と予想の143.0万件より若干悪く売られ、前日比223.39ドル安の26,316.18ドルで取引を終えました。
米国債10年物利回りは、米株安を受けて低下し、暫定値ながら前日比0.041%下げて0.540%で引けました。
原油価格は、低調な米経済指標の発表を受けて売られ、前日比1.35ドル安の39.92ドルで引けました。

為替相場では、ドル/円は、低調な米経済指標の発表を受けて売られ、一時104.68近辺をつけました。
EUR/USDは上昇し、一時1.1848近辺をつけました。

ドル円    104.75-76 105.29/104.67
ユーロドル  1.1845-49
米10年国債 0.544%  -0.002

本日のドル円 104.30-105.20 三井住友信託NY 持田氏
 晴天のへきれきの’ドル安’ ドル売られ過ぎか?

0 Comments

Post a comment