きょうの為替は? 2020年8月28日

ニューヨークダウは、パウエルFRB議長がジャクソンホール会議で、インフレ率が長期的に平均2%となるように政策運営を行うと表明し、金融緩和を長期間維持する考えを示したことから買われ、前日比160.90ドル高の28,492.14ドルで取引を終えました。
米国債10年物利回りは、大幅上昇となり、暫定値ながら前日比0.059%上げて0.746%で引けました。
原油価格は、米メキシコ湾岸への大型ハリケーンの接近で操業停止した石油施設が早期に再開するとの見方から売られ、前日比0.35ドル安の43.04ドルで引けました。

為替相場では、ドル/円は、一時105.60近辺まで急落後、売り過ぎから反発となり、一時106.70近辺をつけました。
EUR/USDは、一時1.1901近辺まで急騰後、1.1763近辺まで急落し、1.1820近辺で落ち着きました。

ドル円    106.56-57 106.70/105.59
ユーロドル  1.1822-23
米10年国債 0.753%  +0.067

本日のドル円 106.00-107.00 三井住友NY信託 持田氏
 「ジャブジャブ」のドル資金 タオ亮のドル供給でドル安へ、年内にドル円100円の可能性も

0 Comments

Post a comment