仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年9月25日

24日の米株式相場は反発。追加景気対策を巡るムニューシン米財務長官の発言などが好感されました。
ただ欧州での新型コロナウイルス感染拡大が嫌気されて一時下げるなど、変動も大きな展開。
米景気対策を巡って、ペロシ下院議長は民主党が主張する支援策の規模に関して譲歩の姿勢を見せておらず、協議の行方が注目されます。

協議再開も

ムニューシン長官は追加景気対策の妥協案を巡り、ペロシ議長との協議を再開する意向だ。

身内から異論

米共和党議員は、11月の大統領選挙後の政権交代は混乱なく行われると約束した。

ECB資金供給

欧州中央銀行(ECB)は「条件付き長期リファイナンスオペレーション(TLTRO)3」で、域内市中銀行に1745億ユーロ(約21兆4100億円)を供給した。

FRB理事から財務長官か

米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領による財務長官探しでは、米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が最有力候補だと広く考えられている。

約2年ぶり

トルコ中央銀行は、政策金利である1週間物レポ金利を10.25%とこれまでの8.25%から引き上げた。

0 Comments

Post a comment