仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年9月30日

頻繁に聞かれる「ファクトチェック」という言葉。
発言や情報の真偽を検証するメディアの重要な役割です。
トランプ大統領とバイデン前副大統領による討論では、各メディアがそれぞれ専門家を用意し、リアルタイムで視聴者や読者にファクトチェックを提供します。
ソーシャルメディアを通じて膨大な量の情報が氾濫する中で公正な選挙を実現するためには、情報の受け手にも事実を見極めるスキルが求められます。

将来の利上げ

米ダラス連銀のカプラン総裁は9月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で反対票を投じた理由について、「将来の経済動向に適応する柔軟性を持っていてほしいからだ」と書簡で説明した。

国家安全保障の問題

トランプ氏の納税記録に関するニューヨーク・タイムズ紙の報道は、同氏が一部の独裁的な国家に甘い態度を取る謎を解明するヒントを提供した。

山場迎える

米経済を支える追加景気対策を巡り、ペロシ下院議長とムニューシン財務長官が協議。

不名誉な過去最大

米銀JPモルガン・チェースは金属先物と米国債取引の市場操作に関する不正を認め、当局に9億2000万ドル(約972億円)超を支払うことで合意した。

厳しい冬

ニューヨーク市ではパンデミック(世界的な大流行)以降に、6000近い事業が閉鎖を余儀なくされた。

0 Comments

Post a comment