今週の為替 2020年10月31日

今週のドル円は、105.06円から104.03円まで下落しました。
米国の追加経済対策法案が米大統領選前に成立せず、米国で新型コロナウイルス感染が再拡大していることへの警戒感が高まりつつあることから下落しました。
しかし、米7-9月期国内総生産(GDP)速報値が、前期比年率+33.1%となり、4-6月期の前期比年率-31.4%から大幅に反転したことで下値は限定的でした。
ユーロドルは、欧州での新型コロナウイルス感染第2波やドイツ・フランスでの都市封鎖(ロックダウン)などを嫌気して、1.1861ドルから1.1640ドルまで下落しました。
ECB理事会は、政策金利の据え置きを決定したものの、ラガルドECB総裁は12月の理事会での追加緩和措置を示唆しました。

0 Comments

Post a comment