今朝の5本 Bloombergニュース 2021年2月10日

26日に行われた前例のない規模の株式ブロック取引。
ウォール街では売り主を巡る臆測が飛び交っていましたが、その取引の背後にあったヘッジファンドの存在が明らかになりました。
このブロック取引を受けて29日の市場は波乱含みの展開も予想されます。
セーフハウス・グローバル・コンシューマー・ファンドのポートフォリオマネジャー、シャリフ・ファーハ氏は、世界中のトレーダーが「画面にくぎ付けになるだろう」と述べました。

背後にヘッジファンド

タイガー・マネジメントの元トレーダー、ビル・フアン氏のファミリーオフィスが26日の株式ブロック取引の背後にあったと、取引を直接知る関係者2人が明らかにした。

緊張悪化か

中国とイランは、経済や政治、貿易における今後の両国関係を網羅する25カ年の「包括的戦略パートナーシップ」協定を結んだ。

報復措置

中国は新疆ウイグル自治区の人権問題を理由とした制裁措置への報復として、米国とカナダの個人や団体に対する制裁を発表した。

支援要請

サンジーブ・グプタ氏率いる英複合企業GFGアライアンスは英政府に対し、緊急の金融支援を要請した。

死者多数

ミャンマーでは軍の記念日とされた27日に、抗議デモの参加者多数が死亡。オンラインニュースサイト、ミャンマー・ナウによると、死者数は100人を超えた。

0 Comments

Post a comment