今朝の5本 Bloombergニュース 2021年2月10日

市場の関心が高かった米消費者物価指数(CPI)は3月、予想を上回る上昇率を記録。
先週発表の米生産者物価指数(PPI)も予想の2倍の伸びでした。
ただ、ミラー・タバクのストラテジストは、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチン使用中断を米当局が勧告したことを挙げ、こうしたリスクがある中で金融当局は引き続き潤沢な流動性を供給するとの見方を示しています。

2012年以来の大きな伸び

3月の米CPIは前月比0.6%上昇と、2012年以来の大きな伸びを示した。

6人に症状

米保健当局はJ&J製コロナワクチンの投与を一時停止するよう勧告した。接種後の副反応として、まれに深刻な血栓が生じる懸念があるためだ。

野村、資金提供を厳格化

野村ホールディングスはアルケゴス・キャピタル・マネジメント問題を受けて、一部のヘッジファンド顧客に対するファイナンシングを厳格化しつつある。

ヘッジファンド関連リスク

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏の大手銀行に、ヘッジファンド関連リスクについて追加情報を求めた。アルケゴスのポジション破綻を受けて行動した。

過去最大規模

ソフトバンクグループが出資する東南アジアの配車サービス大手グラブ・ホールディングスは、特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併を通じて米国に上場する。

0 Comments

Post a comment