たった一人で月150万アクセス 検索で上位表示、「稼げるサイト」はこう作る!

売上に貢献できないホームページとなっている一番の要因は、アクセス数を稼げないサイト構成になっているからである。お客さんが商品やサービスを探す際に、アクセスをしてもらえるホームページになっておらず、ビジネスチャンスを逃している。

極論を言えば、ホームページは「アクセス数」がすべてであり、アクセス数を稼ぐために作られているようなものである。どんなにデザインが良く、どんなに導線がしっかりしたホームページを制作したとしても、アクセス数を稼げないホームページでは意味がない.。

毎年7月になるとアクセス数が150万を超える人気サイト「東京ビアガーデン情報館」。
ビアガーデンの営業時間や座席数、メニューの他に、ビアガーデンを訪れた生レポートも掲載している。
情報サイトの制作運営を一人で行っている和田亜希子さんに、気情報サイト作りのコツを聞いてみた。
 大きなテーマを狙わないことが重要:2語の複合キーワードで調べられているニッチなテーマが狙い目
 情報記事を書き溜めてからサイトを作る

肝心のホームページを上位に表示させる方法だが、まずは自社にお客様を呼び込むための検索キーワードに関連したページをたくさん作ることだ。
和田さんの事例で言えば、「東京 ビアガーデン」という検索キーワードで上位表示するために、東京のビアガーデンを小まめに取材し、数多くのコンテンツをサイトの中に作り込む。
その結果、グーグルの検索エンジンは「この検索キーワードに対して、このホームページが詳しい」と判断し、検索結果で上位に表示されるようになる。

グーグルから高い評価をもらえるサイトを作ることが、検索結果で上位に表示されるサイトを作ることにつながり、アクセス数を稼いで新規顧客を流入させ、売上に直結するホームページを作ることになる。

ぜひ本文をご覧になって、アクセスアップに役立てて下さい。
NIKKEI STYLE


全般ランキング





0 Comments

Post a comment