今朝の5本 Bloombergニュース 2021年2月10日

新型コロナウイルスのデルタ変異株が猛威を振るう英国では、28日に2万人を超える新規感染者が報告されました。
そうした中、香港は英国を「極めてリスクが高い国」に指定し、7月1日から英国発の全旅客便の乗り入れを禁止。
欧州でもポルトガルとスペインが英国からの渡航者に対して新たな制限措置を設けました。
ドイツは欧州連合(EU)として足並みをそろえた対策を求めており、今後制限措置を講じる国・地域がさらに増える可能性があります。

確実に切り離しを

共和党のマコネル上院院内総務はバイデン大統領が超党派議員グループと暫定合意した5790億ドル(約64兆円)規模のインフラ投資計画について、より大規模な税・歳出法案と切り離すという大統領の見解に民主党指導部が従うことを確実にするよう大統領に求めた。

訴え退け

米フェイスブックが独占的な地位を利用して競争を阻害したとして米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が同社を相手取って提訴していた問題で、ワシントンの連邦地裁の判事はこの訴えを退けるよう求めたフェイスブックの請求を認めた。

合わせ技

米ファイザーと英アストラゼネカがそれぞれ開発した新型コロナワクチンを組み合わせて接種した場合、強力な免疫反応が生み出されることが英オックスフォード大学の研究で示された。

回帰目指すな

欧州中央銀銀行(ECB)のパネッタ理事はマクロ経済政策について、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)前の状態への回帰を目指すべきではないとの考えを示した。

リスク大

ルービン元米財務長官は、米国で高インフレが根強く続く「大きなリスク」があると指摘。当局者に対し、景気過熱を回避すべく慎重な政策運営を行うよう呼び掛けた。

0 Comments

Post a comment