きょうの為替は 2022年1月26日

ニューヨークダウは、FOMCを控えて様子見気分強く、前日比66.77ドル安の34,297.73ドルで取引を終えました。
米国債10年物利回りは、暫定値ながら前日比で引けました。
原油価格は、ウクライナや中東の情勢の緊迫化を受けて買われ、前日比2.29ドル高の85.60ドルで引けました。

為替相場では、ドル/円は、FOMCを控えて114.15近辺まで買われましたが、その後反落し113.78近辺をつけ、結局113.90近辺に落ちつきました。
EUR/USDは、売りが強まり1.1263近辺まで下げましたが、その後1.1304近辺まで反発しました。

ドル円    113.90-93 114.15/113.65
ユーロドル  1.1300-03
米10年国債 1.785%  +0.050

きょうのドル円 113.50-114.20 バルタリサーチ 花生氏
 株価とクロス円の相関関係

0 Comments

Post a comment