きょうの為替は 2022年7月27日

ニューヨークダウは、インフレが消費を抑制するとの懸念から消費関連株やハイテク株が売られ、前日比228.50ドル安の31,761.54ドルで取引を終えました。
米国債10年物利回りは、ほぼ横ばいで、暫定値ながら前日比0.017%下げて2.803%で引けました。
原油価格は、暫定値ながら前日比1.51ドル安の95.19ドルで引けました。

為替相場では、ドル/円は、ニューヨークオープン後、一時売りが強まり136.29近辺をつけましたが、その後136.87近辺まで反発しました。
EUR/USDは、ロシアからのガス供給への懸念から下落を続け、一時1.0108近辺をつけました。

0 Comments

Post a comment