きょうの為替は 2022年8月24日

ューヨークダウは、FRBの金融引き締めを警戒して売られ、前日比154.02ドル安の32,909.59ドルで取引を終えました。
米国債10年物利回りは、やや上昇し、暫定値ながら前日比0.030%上げて3.065%で引けました。
原油価格は、主要産油国の減産観測から買われ、前日比3.38ドル高の93.74ドルで引けました。

為替相場では、ドル/円は、ニューヨークオープン後、いったん137.64近辺まで上げたものの、発表された8月の米PMI・速報値、7月の米新築住宅販売件数、8月のリッチモンド連銀製造業系指数、いずれもが予想より弱く、ドル/円は135.81近辺で急落しました。その後は、136.80近辺に反発して落ち着きました。
EUR/USDは、0.9914近辺から1.0018近辺まで反発後、0.9965近辺に落ち着きました。

ドル円    136.77-78 137.71/135.80
ユーロドル  0.9967-0.9969
米10年国債 3.057%  +0.022

きょうのドル円 136.20-137.50 ニッセイアセット 松波氏
 米利上げペースの緩和 2つの目安 インフレリスク・雇用市場の過熱

0 Comments

Post a comment