Bloombergの厳選ニュース 2022年9月13日

忙しいニューヨーカーの空腹を素早く満たしてくれるフードトラック(屋台)の料理。ここにもインフレの波は容赦なく押し寄せてきています。ビーフやラムのケバブは値段を12ドル(約1700円)に上げないと採算がとれなくなったため、メニューから外すしかなかったとぼやくベンダーも。コスト上昇を販売価格に転嫁する難しさがうかがわれます。13日には8月の米消費者物価指数(CPI)が発表されます。7月の統計では変動の激しい食品コストが前年同月比10.9%上昇と、1979年以来の高い伸びを記録していました。

インフレ期待

米ニューヨーク連銀が12日発表した最新の消費者調査では、インフレ期待が大幅に低下したことが明らかになった。

脱コロナ禍

米ゴールドマン・サックス・グループは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まって以来最大の人員削減に着手する。

好スタート

アップルが12日の米株式市場で5月以来の大幅高となった。JPモルガン・チェースからバークレイズに至るまで複数のアナリストが、先週披露された最新iPhone(アイフォーン)の強い需要を指摘した。

前例なき手段

欧州連合(EU)は電力の使用削減に目標を設定することを義務付けるほか、エネルギー企業の利益の一部が消費者に向かうよう課税措置を提案する。

ロシアの抵抗

ウクライナ軍が反転攻勢を強める中、ロシア軍は戦地から遠く離れたウクライナ領の発電所を攻撃し、同国北東部の複数地域で停電が発生している。

0 Comments

Post a comment