きょうの為替は 2022年9月27日

ニューヨークダウは、米長期金利上昇を警戒して売られ、前日比325.91ドル安の29,264.50ドルと年初来安値を更新して取引を終えました。

米国債10年物利回りは上昇し、暫定値ながら前日比0.193%上げて3.890%で引けました。

原油価格は、米景気後退懸念に加え米株安とドル高から売られ、前日比2.03ドル安の76.71ドルで引けました。


為替相場では、ドル/円は、ニューヨークオープン後、いったん143.79近辺まで売り込まれましたが、再びショートになり、米長期金利の上昇もあって、東京、ロンドンに引き続いて、ジリ高は再開し、144.78近辺をつけ、144.55近辺に落ち着きました。

EUR/USDは、0.9689近辺から0.9600近辺まで下落しました。

ドル円    144.66-67 144.78/143.26
ユーロドル 0.9607-08
米10年国債 3.962% +0.230

きょうのドル円 143.75-145.25 シティG証券 高島氏
 円買い介入後の為替相場を総点検 為替相場は米ドル全面高

0 Comments

Post a comment