きょうの為替は 2023年3月9日

ニューヨークダウは、FRBの利上げ再加速への警戒から上値は重く、前日比57.93ドル安の32,798.53ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは上昇し、暫定値ながら前日比0.012%上げて3.987%で引けました。

原油価格は、FRBの利上げ加速への警戒から売られ、前日比0.92ドル安の76.66ドルで引けました。9

為替相場では、ドル/円は、ロンドンオープン後、一転してドル売りが強まり、ひたすら売り下げられ、137.16まで下げました。ニューヨークオープン後発表されたADP雇用者数は、予想より良く、一時137.36近辺まで反発したものの、戻りは一時的で、米長期金利が続落したことから再び売り下げられ、136.48近辺まで売り込まれました。しかし、この日も前日に引き続きパウエルFRB議長の下院での議会証言があり、前日に広がったタカ派な雰囲気が払拭されなかったことから、相場は反転し、一時137.33近辺まで反発しました。

EUR/USDは、1.0530~1.0573近辺で乱高下しました。

0 Comments

Post a comment