2020年東京五輪に向けて、便乗ビジネスも活発化!?

東京五輪まで2年を切り、ボランティアの募集も開始されました。
一方、さまざまな人々がひと儲けを狙い、着々と“準備”を進めています。
その種類はさまざまで、違法とは言い切れない「グレーゾーン」なものから、「そりゃ違法でしょ」というようなものまで……。


すでに偽公式グッズが中国から大量流入していた!

五輪開催のたびに横行する公式グッズの偽物だが、今回も例外ではありません。

在日中国人・M氏は話します。
「非売品の東京2020の公式ピンバッジの偽物が、中国ECサイトで1個80円で売ってたので試しに200個買って、日本のネット上で1500円で出したら即完売した。今、文房具やスポーツ用品を浙江省義烏市で、人形やおもちゃ類は広東省東莞市に発注交渉中。3400円のマスコット人形が、1個当たり400円で作れる」

 
中国で繊維加工の工場を持つ日本人の元にも製造依頼が。
「1万円以上する五輪公式の風呂敷クロスのコピーを作ってくれと見積もり依頼が来たばかり」

大会組織員会は「ECサイトなどと連携し、警察・税関と協力して侵害品・模倣品の輸入・流通防止に努めている」と答えていますが、流入を防げるでしょうか。


厚遇謳いトラック運転手募集。五輪後は“計画倒産”!?

鉄道貨物協会は五輪関連のトラック需要で、’20年に10万人のトラックドライバーが不足すると試算しています。
政府は五輪期間中のネットショッピング自粛を呼びかけるほど深刻です。

大型免許ドライバーの月収相場は40万円くらいですが、最近、『70万円以上保証』と謳う業者も出てきています。
『終身雇用、正社員』の募集も。
今は五輪特需で需要は上がっていますが、五輪後にそんな高待遇を維持できるとは思えません。
特需が終わったら会社を倒産させるのでは?と危惧されています。


飲食店の席を大量に予約。大会関係者に転売する!

都心や競技会場近くの飲食店では、五輪期間中の予約がすでに入り始めています。
数十席単位のケースや貸し切りの場合も。
実はこれ、飲食店の予約を押さえ、訪日客に席を転売しようというたくらみなのです。
20席一気に予約して2席ずつバラ売りして、予約手数料として1人1000円取れば、元手ゼロで儲かります。
飲食店の予約キャンセルは無料ですから。

席取りビジネスはすでに水面下で動きだしています。


五輪風俗特需に備え、動きだす合法&違法業者

五輪特需にあやかろうと風俗業界も躍起になっています。

風俗もインバウンド対応が必要だという認識が出てきて、銀聯やWeChatペイなどの中国人向け決済システムを導入する動きが、特に高級店などで顕著です。
すでに、外国人向けの総合サイトを立ち上げるなど、万全の態勢です。

また、過去の五輪同様、海外からひと稼ぎを狙う女性が一斉上陸する可能性もあります。


すでに五輪詐欺も始まり、にわかに活気づく裏社会

開催までまだ2年もありますが、すでに詐欺事件も起きています。
国民生活センターによれば、五輪関連のチケット詐欺や偽予約サイト詐欺が急増しています。

港区などの都心でも空き家の木造住宅や古いアパートがたくさんあり、そういう物件を漁っている連中がいます。
生活保護受給者を押し込んでいる福祉アパートも、彼らを追い出して期間中は観光客相手に闇民泊として活用する動きがあります。

また、『かぼちゃの馬車』や『TATERU』など投資用物件をめぐる改ざん事件が相次いでいますが、これらのオーナーに『五輪に向けて民泊向けに転換しましょう。面倒な届け出も全部やるので加盟して』と勧誘し、加盟料を詐取する詐欺なんかも今後、出てくると推測されています。

今回は、Harbor Business― 東京五輪[便乗]ビジネス ―シリーズをまとめました。


全般ランキング







0 Comments

Post a comment