いいスイングって?

4月からゴルフレッスンに通い、スイング改造に取り組んでいる。
浅い前傾姿勢、横縦のぎこちないスイング、踵体重等かなりの悪癖を治している。
まだ、右肩の突っ込み、軸のズレ等改善しなくてはならないポイントはある。
左軸スイングも身についてきたようで、スイング改造はセカンドステージに入ったようだ。
ゴルフのスイングには絶対に治さなければいけないポイントと適度であれば許容される部分があるようだ。

ゴルフで格好のいいスイングを求めるのは、いい球をコンスタントに打つためだ。
一見おかしく見えるスイングでも、いい球が打てるなら全く問題ない。
もっといえば、いい球が打てなくても、いいスコアで回れるならそちらの方がいい、見た目より結果重視である。

もともといいスイングとは、プロなどの上級者のスイングのことで、そのスイングを修得すれば、いい球が出ると思われているから、それがいいとされている。
プロの写真やビデオを見て研究するのもいいが、1人として同じスイングをしているプロはいない。
うまい選手は、その選手なりの打ちやすい方法で打っているに過ぎない。
それを体力も経験も全く違う人がまねをしてもうまくいくとはかぎらない。

ドライバーでは、ATLASのGSTでヘッドスピードとミート率をチェックしている。
オーバースイングとシャフトクロスの改善を意識したスイングをすると、HSもミート率も両方低下する。
HSが減ってもミート率が良くなるなら価値はあるが、両方悪かなるのはまったく意味がない。
個人的には、適度なオーバースイングとシャフトクロスは許容部分のようだ。
格好いいスイングでいい球を打とうなんて難しいことで、二兎を追うとろくなことはない。どちらか1つを取るしかなく、もちろん取るとしたらいい球である。
これからは、自分にとって個性的ないいスイングを身につけるのを主眼におく時期に入ったようです。

0 Comments

Post a comment