平成“薬物”芸能人たち

麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧(本名:瀧正則)被告が4月4日、勾留されていた東京湾岸警察署から保釈されました。
ピエール被告がコカイン使用の疑いで逮捕されたのは3月12日。
来る5月からは元号が『平成』から『令和』に変わりますが、平成を振り返ると、芸能人の薬物事件は多かったです。

平成2年(1990年)、勝新太郎がハワイでマリファナとコカイン所持で現行犯逮捕され、大騒動になりました。
そのとき薬物を下着に入れており、逮捕後の記者会見では『今後は同様の事件を起こさないよう、もうパンツをはかないようにする』と“迷言”を残して話題となりました。

平成13年(2001年)には、田代まさしが覚醒剤で逮捕。
近所の家の風呂をのぞいたとして逮捕された際、自宅から覚醒剤が発見され再逮捕されたのです。

平成19年に覚醒剤で逮捕されたのは元『光GENJI』の赤坂晃
その年に離婚していた赤坂は、『離婚により息子に会えなくなったストレスで薬に頼ってしまった』と話していました。

酒井法子が覚醒剤で逮捕されたのは平成21年。
最初は元夫が逮捕されたのですが、一緒にいた酒井は任意同行を拒否して失踪。
まさか自殺するのでは…と心配する声もあり、5日後に逮捕されたときはホッとした人も多かったです。

平成26年にはASKA、28年には元プロ野球選手の清原和博が覚醒剤で逮捕されました。
令和の時代も芸能人の薬物事件は続くのでしょうか。


人気ブログランキング




0 Comments

Post a comment